ライフプランコラム「いま、できる、こと」vol.166(2021年8月27日)実録/退職金の投資相談(2)
投資して1年で半分以下になるリスクを避けるには?

前回コラムでは、退職金の投資になかなか踏み切れない、そんな相談者の「退職金を投資して1年で半分以下になるリスクは絶対避けたい」との心配事を明らかにしました。今回はそのリスクを回避するための簡単な方法をご紹介します。

  • 参加者1
    投資後、1年で半分以下になるリスクは避けられますか?
  • 講 師
    今日のセミナーでもご説明したことなんですけど……。
  • 参加者1
    そんな話、してくださりましたっけ……?
  • 講 師
    投資の3大原則、長期・積立・分散の話をしましたよね。退職金の投資で避けたいのは、結局、どんなリスクでしたっけ?
  • 参加者1
    え〜と、投資直後に大きく目減りしてしまうリスクです。投資を開始するタイミングのリスクをなんとかしたい、ということです。
  • 講 師
    それでは、投資タイミングのリスクを軽減する方法は何でしたか?
  • 参加者1
    あっ……積立投資ですか?
  • 講 師
    そうです。積立投資で時間分散するのです。退職金を一括投資するのではなく、例えば、1年間かけて十二等分した金額を毎月積立投資する、そんな風に考えればいいのです。
  • 参加者1
    なるほど〜!退職金でも積立投資ですか!実際に1年かけて積立投資すると、どんな結果になっているんですか?
  • 講 師
    前回試算した一括投資と同じ条件で毎月等金額の積立投資を行うと、1年後の平均値は106でした。一括投資の平均値111よりは低いですが、悪くないですよね。あと、一括投資では投資金額が1年後に半分以下になったケースが360回中5回、積立投資はゼロ。また、半分以下も含めて60%以下になったのは一括投資は8回、積立投資だと1回でした。つまり、積立投資なら投資してすぐに大きく目減りしてしまうリスクを大幅に軽減できる、ということです。

先進国株式に投資した
1年後の金額の分布

先進国株式に投資した1年後の金額の分布

  • 参加者1
    どんな裏技があるのかと思いましたが、積立投資なら簡単なので拍子抜けですね(苦笑)。大切な退職金で後悔したくないと思っていましたが、なんだか大きな援軍を得たような気持ちになりました。退職金で積立投資、はじめてみますね!
  • 参加者2
    あの〜、横から失礼します。積立投資だと大きく減らないのは分かりました。でも、1年後に100未満になる割合は変わりませんね。この損するリスクを減らす方法って、ないんですか?
  • 講 師
    ありますよ。
  • 参加者2
    えっ、あるんですか?その方法で投資をはじめたいのですが…

大幅に目減りするリスクは回避できることが分かりましたね。では、損するリスクを減らす方法は…?(次回に続く

大和証券
2021/6/18作成

TOP